ボトックス小顔にチャレンジ【美しくなっちゃおう】

簡単な注射で治療する

鏡を見る人

注意点と注射のメリット

美容整形は以前に比べてぐっと身近な存在になりました。一昔前であれば、美容目的で身体に手を加える事は「親に対して後ろめたい事」「周りに知られたら恥ずかしい事」というイメージがありました。それが今では、美容整形技術は進歩し、その頃よりもより良い機械が開発され、低価格で安全な治療が受けられるようになりました。美容クリニックで受けられる施術は多岐に渡りますが、中でも人気があるのはメスを使わない、注射で出来るようないわゆるプチ整形です。中でも昨今注目を集めているのが小顔治療として受ける「ボトックス注射」です。ボトックスはいわゆる筋肉注射で、筋肉の動きを抑える効果があります。人の顎まわりには咬筋と言う筋肉があり、この咬筋は噛む事によって発達します。発達した咬筋がエラとなり、フェイスラインを大きく見せる原因となるのです。注射により咬筋を衰えさせる事で小顔にしてくれる効果が期待できます。この注射における注意点は「ちゃんとした薬を使用する事」「腕のいい医師の施術を受ける事」です。まず、薬剤についてですが、そもそもボトックスとはアメリカのアラガン社が商標登録した薬であり、厚生労働省の認可を得た薬です。あまりにも価格が安い場合はアラガン社製の薬剤ではない可能性があります。その場合、必ずしも偽物であるとか、効果が得られないという事ではありませんが注意する必要があります。また、この注射は効果の出し方や打つ場所などによって薬の量や打つ深さなど細かく調整しなければいけません。そのため、注射の特性を熟知し、経験豊富な医師を選ぶ事が大切なのです。今はホームページなどから症例数や施術前後の写真などを確認できますので、治療を希望する場合は事前に下調べを行いましょう。なかなかダイエットでシャープなフェイスラインを作ることは出来ません。セルフケアによりある程度たるみをフェイスアップして小顔にする事は出来るかもしれませんが、先述の通りエラの原因となる咬筋は筋肉なのです。脂肪と違って筋肉は無くなる事がありませんからダイエットが出来ないのです。また、咬筋の発達を防ぐ為に噛む事を辞めるという事も出来ないのです。小顔になる為にはメスを使ってエラを削るのでは、とイメージされがちですが、ボトックス注射のみで出来る治療には多くのメリットがあります。まずは痛みです。普通の注射と同じように細い針を刺す痛みだけで、切開したり縫ったりするような未知の痛みではありません。注射ですから、実際に治療にかかる時間も5分?15分程度と短く、切らないので傷跡が残ることもありません。施術後はメイクをして帰宅する事も出来ますし、当日からシャワーを浴びる事も可能です。効果に即効性はありませんが、2週間?1ヶ月くらいかけてゆっくりと現れるので、仕上がりも自然で、周囲に注射した事が知られにくいという利点もあります。また、美容整形では、術後に治療箇所が赤く腫れたり内出血したり、元の状態に戻るまでにかかる日数が必ず必要です。注射の場合はこのダウンタイムも短く済むのが魅力です。身体への負担を最大限に減らす事が出来ます。更には費用面においても、エラを削る手術はトータルで100万円前後かかりますが、ボトックス注射の場合は2万円?10万円前後くらいが相場となる為気軽に手を出しやすい治療と言えます。

Back to Top